新琴似もとやま眼科

  • 札幌市北区新琴似1条12丁目6-1クロスモール新琴似内
  • TEL 011-769-0363

診療のご案内

受診される方

診療時間

月、水、金、土曜午前8時30分から12時午後1時30分から5時30分まで 火曜、木曜午前8時30分から12時まで 休診日、火曜木曜午後、日曜祝日になります

漢方治療について

小児の近視抑制治療(低濃度アトロピン点眼治療)について

コンタクトレンズの処方を希望される患者様へ

眼鏡やコンタクトレンズについて

取り扱いコンタクトレンズメーカー

ハードレンズ

・シード

ソフトレンズ(使い捨て1day )

・ジョンソンエンドジョンソン
・アルコン
・ボシュロム
・メニコン
・シード
ソフトレンズ使い捨て2week)
・ジョンソンエンドジョンソン
・アルコン
・シード

その他、コンベレンズや虹彩付きレンズなども取り扱っております。
ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

眼の病気やトラブル

ドライアイ

眼の表面を守る涙の層が安定せず涙の量が少なくなったり、涙の油成分の分泌減少により眼が乾いたり、
表面に傷がつく症状です。 シェーグレン症候群などの病気や、薬の副作用でもドライアイになることがあります。

流涙症

眼の表面は、涙で覆われています。眼を保護する役割を持つ涙が、何らかの原因で増えたり、涙の排出機能が低下したり詰まったりすることで起こるのが「流涙症(涙目)」です。

逆さまつ毛

上下のまつ毛が眼の表面に触れる症状です。ゴロゴロしたり、異物感や痛み、充血や涙が出るなどの症状があります。
お子様から高齢者までなることがあります。放置されますと角膜に傷がついたりすることもありますので「まつ毛くらいで診てもらうのは…」とお気になさらず受診ください。

白内障

眼の中にある水晶体というレンズが白く濁り、少しずつ見づらくなる病気です。
初期では、眩しさを感じたり、夜の運転時に見づらさを感じることがあります。 当院では手術は行っておりませんが、白内障になったからといってすぐに手術をしなければならない訳ではありません。人それぞれの日常生活に必要な視力を保つことが大事だと考えますので、 当院では、白内障の進行を遅らせるお薬の処方を行っております。また、進行して手術が必要な時は紹介させていただきます。

緑内障

眼の中の圧力が上昇したりすることで、眼の奥にある視神経を圧迫するため、視野が欠けて見える範囲が狭くなったり視力が低下する病気です。定期的な受診とお薬で進行を遅らせる治療を行います。

網膜剥離

眼の奥にある網膜に小さい孔(あな)ができ、そこから眼球内の水分(液化した硝子体)が網膜の下へ入りこんで、網膜が剥がれる病気です。レーザー治療や手術が必要になります。

糖尿病網膜症

糖尿病によって、網膜の血管が障害されることにより起こる病気です。定期的な経過観察とレーザー治療を行うこともあります。

加齢黄斑変性

加齢により眼底中央部に発症し、物が歪んで見えたり、視野の真ん中が暗く見えたりする病気です。

※上記は一例です。眼や眼の周りの気になる症状やご相談があれば、
いつでもお気軽にお問い合わせ・受診してください。

よくある質問